blog

透明感カラー アディクシーカラーについて


こんにちは

柏の美容室  美容院アメリシュシュの丸メガネ白木です

今日はアメリシュシュで取り扱っているカラー、アディクシーカラーについて

アメリ シュシュでは、モロッカンケアカラー、アディクシカラー、オーガニックカラーと3種類のカラーメニューがあります

その中でも、今回はアディクシーカラーについてお話します。

アディクシーカラー関連の記事はコチラから

アディクシーカラー  スモーキートパーズでBefore&A fte  http://shiro-ameri.com/5609/

アディクシーカラーでブルーブラックにしてみたhttp://shiro-ameri.com/5471/

透明感ならアディクシーカラーがダントツな件http://shiro-ameri.com/5432/

アディクシーカラーに新色登場http://shiro-ameri.com/5188/

アディクシーカラー  サファイア×シルバーでグラデーションカラーhttp://shiro-ameri.com/5481/

アメリシュシュのカラーメニューの中では、1番新しく出来たものです。最近はカラー剤の進歩が目まぐるしく、どんどんと新しいものが発売になっていて、今までブリーチ等を利用したダブルカラーじゃないとなかなか綺麗に染まらなかった外国人風な透明感の強い、柔らかいカラーが出来るのがこのアディクシーカラーという事で、さっそくアメリシュシュでも導入を決めたのでした。

アディクシカラーで出来る色は、基本的にアッシュのみです。

ってゆーか今までにもアッシュってあるじゃん!?何か違うの?って思った方もたくさん居ると思います。

普通のカラー剤のアッシュがブルーやグリーンとブラウンなどを足して作られているのに対して、アディクシーカラーのアッシュは、ブラウンを使わずほぼブルーやグリーンの色味だけで作られていて、他のどんなカラー剤よりも赤やオレンジといった色味をしっかりと消してくれます。

このブルーの色味によって、今まで日本人の赤みの強い髪質では出しづらかった外国人のような透き通ったアッシュを実現出来るカラー剤なのです!!!

メインの薬剤は

サファイヤ、エメラルド、アメジスト、グレイパール、シルバーの5種類

全ては同じアッシュにするために。今の髪の状態に合わせて使います。

とことんまで、透明感のあるアッシュのみにこだわったカラー剤なのです!

もう1つのポイントは、
通常カラー剤は、9レベルの色にしたい時には、まず元の髪の色素を取るために、11~ 12レベルまで1回明るくしてから色素を入れて9レベルになるようにしています。

アディクシカラーの場合、薬剤の色素が強いので、目指している9レベルの1つ上の10 までしか明るくする必要がありません。

1度 11~12レベルになるのと、10レベルになるのとでは、色持ちや、色が落ちた時の 明るさが大きく変わってきます。

もちろん10レベルまでの方が、色持ちも良く、色が落ちた時の明るさの変化も少なく、 ダメージも確実におさえられるんです!

なんてすばらしいアディクシカラ-笑

ただし、アッシュ系カラーにしかなりません.

しかし、最高のアッシュ系カラーになります。

アッシュ系カラーにしたい方にはかなりオススメのカラー剤になっています。

バージン毛(黒髪)から、リフトアップして

9レベルのアディクシーカラー(サファイア)

カラーでリフトアップ(明るく)する場合、日本人の赤みの強い黒髪だと、アッシュ系の色味は1番発色しづらいのですが、アディクシーカラーは1発で赤みがしっかり無くなります!

カラーしてから退色して、色が抜けてしまった髪にアディクシーカラーをやるとさらに透明感アップです!

こちらは以前のカラーが退色して、9〜10レベルくらいの明るさになっていた方を7レベルまでトーンダウン

やっぱりアディクシーカラーのサファイアを使用しています。

出典 :http://addicthy-color.com/sp/

こんな感じのカラーも出来ます!

 

個人的には、上の画像の右の女性位の暗めのカラーもオススメです。

ドーンと沈んだ感じにならない軽やかブルーブラックもオススメです!

そして、ある程度暗めな薬剤を使っても、赤みが少ないせいか、次にトーンアップする時にも影響があまり無いように感じます。(普通のカラーだと暗めな薬剤を使うと、次に明るくしようときた時に、暗めの色素が残りやすいので、明るくするのを邪魔して、明るくなりづらい事が多々あります。)

気になる方はぜひ相談下さい。

 

スタッフも募集中〜

 

記事をシェアするTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Topに戻る