blog

ヘアカラーを絶対的に長持ちさせる、たった1つの方法。

こんにちは、二子玉川、柏、美容室  美容院  アメリのアンバサダー美容師  丸メガネ白木です。

よくお客様から聞かれる質問ですが

ヘアカラーの色を長持ちさせるにはどーしたら良いんですか?って質問

そんな時僕はこう答えます!

ヘアカラーを長持ちさせるための、たった1つの方法

それは

シャンプーしない

と言うことです。

ただし

シャンプーしないなんて僕は無理ですが。。。

想像しただけでちょっと、ねぇ、、

お客様に伝えても、まぁ無理と言われてしまいます。。。


まぁそうでしょう!

では、シャンプーしないとは、

どうゆう事かといいますと

最近はあまり聞かないのですが、

湯シャンってのが一時流行ってましたね〜

それです!湯シャン

湯シャンとは、髪をブラッシングしてお湯で流すだけ。お風呂入った時にシャワーで流すだけ。(最初は10分くらい流すと良いようです。慣れれば5分くらいで大丈夫らしい?)

やり始めると、お湯で流したとは言え最初は皮脂でしっとりしちゃうかもですが、やり続けていると皮脂の分泌は少なくなるようです。

ニオイも最初は気になったりするみたいですが、湯シャンを続けていると、

だんだんと無くなってくるようです。

 

でもやっぱり、想像しただけで、ちょっと、ねぇ

ニオイや皮脂もだんだん気にならなくなるとは言え、抵抗ありますね〜


アミノ酸系シャンプー

ヘアカラーを長持ちさせるために、

髪をシャンプーで洗わない方がいい!

と言うことなんですが、

さすがに洗わない訳にはいかない

と言う人が大多数だと思います。

ではどうしたら良いのか?


アミノ酸系のシャンプーを

使えば良いのです!

 

アミノ酸系のシャンプーは洗浄成分(界面活性剤)に、アミノ酸を使っているもので、特徴としては洗浄力がかなりマイルドで、乾燥肌の人やお子様にも安心して使えるシャンプーです。

 

でも実は、アミノ酸系のシャンプーには

アミノ酸という名前の物が入って居ないので、

しっかりと知識が無いと見分ける事が出来ません。

 

 

見分け方をお教えします。

アミノ酸系のシャンプーは

グルタミン酸  ラウリルリン酸 イセチオン酸  

メチルタウリン  メチルアラニン  

加水コラーゲン  グリシン  サルコシン  

アスパラギン酸  プロピオン酸

と言った、成分が含まれています。

どれか1つの場合もあるし何種類か入っている場合もあります。

シャンプーの容器の裏に、

そのシャンプーの中に入っている成分が全て書かれているのですが、

1番最初はだいたい水になっていると思います

 

そして、2番目か3番目に

先ほど書いた成分が入っていれば

アミノ酸系のシャンプーと言うことになります。

アメリのオススメ

コチラのチェインシャンプー

ココイルグルタミン酸TEAと言うアミノ酸配合で

このアミノ酸、なんとAJINOMOTOが特許を取っているグルタミン酸を洗浄成分として使用したものです。

こちらがチェイン君です。

契約ヘアサロン以外では購入出来ません

裏には成分が書かれています。

何が入っているかと言うと

むむー!

水の次がココイルグルタミン酸TEA

これがチェインに入っているアミノ酸の主成分でさ!

 

因みに、

アメリにはオッジィオットシリーズもあります

ダメージが気になる方はオッジィオットが

オススメ

ついに柏駅に上陸した、オッジィオットトリートメントで究極の美髪へ!

頭皮&髪への優しさ、洗浄力のマイルドさを考えるとチェインの方がオススメです!

新たなる希望

ところで

最近のカラーバブルに乗っかってか

最近では、

カラーを長持ちさせるシャンプーが色々なメーカーから発売されて来ています。

おそらく少し色素が入っている

シャンプーで洗う事で、

抜けてしまった色素を補う

というような感じだと思いますが、結構色持ちが良くなるようで、

ちょっとブームが来てるような気がするので、

使ってみたら、またレビューしてみたいと思います。

記事をシェアするTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Topに戻る