blog

スタイリストデビューしてからが、始まりという話

こんにちは

柏  二子玉川  美容室  美容院  アメリシュシュ  アンバサダーの丸メガネ白木です。

美容師という職業は

サロンでは、アシスタント、スタイリストに分かれています

まずは、

アシスタントとしてスタイリストになる為に、

練習するのですが

 

ではスタイリストは何になりたくて何をしてるんでしょうか?

すぐに答えられる人と、考えちゃう人に分かれると思います。

僕は自分さえ良ければいいので、そこそこ仕事出来て、そこそこお金持ちになって、そこそこの家庭作って、そこそこ幸せであれば良いです。

なんて嘘です笑

僕は、美容師と言う職業を将来が安心だと言われるような職業にしていきたい。美容師と言う仕事を目指す人が増え、独立出来るから良いと言うのでは無く、スタッフ一人一人がしっかり自分の仕事を認めてもらえて、安心出来る会社を作りたい。アメリに入れば間違い無いと言う店にしていきたい。

そーです!

綺麗事です!!

完全にスタイリスト的な考えじゃ無くなってますが笑

かなーり抽象的ですが笑

おおまかにはこんな感じ。

なのでそのために必要な事を今インプットしたり、アウトプットしたりしてるわけで。

1番目先の目標は、まずマネージメントをしっかり出来る人になる、と言う所です。

話は戻りますが、

そう

スタイリストになると、もう自分の中で出来上がってしまう人が非常に多いんです。

アシスタントの時にスタイリストになると言う目標を持って、それを達成したからでしょうか?

スタイリストとしてデビュー出来るまで、早ければ3年位なので、早いと23才くらいでですよ?

 

出来上がってしまうんです。

(正確には出来上がったつもりになってしまって思考が停止してしまう。)

ギリギリデビューのチェックに合格しただけで

それ以上何かしようとか、学ぼうとかしない人がめちゃくちゃ多いんです。純粋に美容に興味無いんですか?って思っちゃいます。仕事に対して心配な事ないですか?自信あるんですか?

下手ですよ?

技術やら何やらかにやら。。。

それで後輩に偉そうに注意したりとか。

ねぇ、

そりゃ

ねぇ笑

スタッフ辞めますよね。

美容室なんていっぱいあるし。

どうせなら、スゲェって思う人に、偉そうに注意されたいです。

スゲェって思う人に言われたら、たいがい素直に聞けるものです笑

そして、思考が停止してる人はスゲェとは絶対思われない

と思ってます。

そしてそれはこれからの時代に、より大きな美容師格差を作って行ってしまうのでわなかろうか、なーんて思ってしまいます。

僕が思うのは

アシスタントのうちは、技術に関しては教えられた事を素直にしっかりと理解して身につける。

スタイリストになると、自由に学べるたり表現出来るようにになるので(アシスタントの時に色々学ぶのは自由ですが)、さらなる技術や人間性の向上のために自主的に学ぶ。(自分に投資する)

最初から出来る人、何かのきっかけがあって出来る人、何があっても出来ない人

色んな人が居るとおもいますが、

美容師としてお客様に携わる以上

スタッフに携わる以上

思考を停止してはいけない

なんて思っています。

記事をシェアするTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Topに戻る